病気とストレス。良いストレスもあるけど、ストレスが引き起こす病気は多い。上手くストレス発散できる方法を見つけて、病気を予防したいですね。生活習慣病も難病と言われるものも、根底にはストレスがあります。

現代はストレス社会と言われるほどに、社会にはストレスが蔓延しています(;´Д`A

 

しかし、ストレスは一概に悪いものばかりではありません。

 

ストレスの無い生活を送りたいと誰もが願っていますが、ストレスが全くない状況は、むしろ生命の危険にも繋がると言われています。

 

ストレスの中には良いストレスが存在して、自己成長を助ける刺激ともなっているんですよね(-_^)

 

しかし、悪いストレスは自分を追い込み、心や体が病んでいく原因ともなるんです。

 

現代人は時間に追われた生活の中、様々なストレス因子に囲まれて生活していると言われていますね。

 

最近は子供もストレスを感じているとか…(・_・;

 

昔に比べると良い子が多いと言われる現代ですが、ストレス社会の中において大人の顔色を伺いながら、学校でもストレスを感じて生きている子供が多いのです。

 

そのストレスは、子供が健全に育つことを阻害し、ゆがんだ大人へとへと育っていくことがあるんですよね( ;´Д`)

 

ストレスが溜まったから発散しにカラオケー!とか言っているうちはまだいいのですが、怖いのは知らず知らずに気づかずに抱えているストレスですよね。

 

そういったストレスは、病気を引き起こす原因になっていきます(´・Д・)」

 

ストレスで病気というと、うつ病などを想像しますが、実は生活習慣病や難病と呼ばれるものの根底にも関与していると言われています。

 

ストレスによって引き起こされる病気は、なんと100種類以上もあると言われているのです>_<

 

だから、悪いストレスはうまく発散しなくてはなりませんね。

 

頑張りすぎることが悪いストレスを溜める一番の原因です。

 

時には自分を許し、自分を認めてあげることが大切ですよ。

 

そしてストレスをうまく発散できる自分なりの方法を見つけて、病気を予防していかなけはなりませんね(´・Д・)」